空き家になった狭小住宅を明るく開放的な住まいに

元々は、I様のお父様の実家であった戸建て。ご祖父母が転居されたことにより空き家になったため、I様が単身入居することに。しかし、築40年が経過していることから老朽化も進み、耐震・断熱性能も不安でした。そこで、中途半端にリフォームするよりも「新築そっくりさん」で一棟まるごと再生することを決意されました。

ビフォー・アフター

  • 宮大工が建てた好立地の戸建だが、耐震・断熱性が不安。

  • アルミ製格子(ルーフバルコニー部分)を設けることで、光や風は取り入れつつ外からの視線を和らげる。

  • 和室中心の細かく区切られた間取りで使い勝手が悪い。水廻りも老朽化していました。

  • オープンキッチンを採用した明るい自然光が差し込む、開放感あふれるLDK。ゲストや家族が、気兼ねなく過ごせるように考えられた団欒の場。

  • 収納が少なく部屋が片づかない。

  • 廊下を短くし居住スペースを効率的に確保した2階部分。収納もたっぷり設けました。

リフォーム後 その他のお写真

  • 2階にも洗面台とトイレを設け便利に。

  • 2方向から出入りできる動線の玄関ホール。広がりを感じさせる間接照明の演出も見事。

  • コミュニケーションを重視して、リビングを通って2階へと上がる生活動線を提案。

  • 白の空間に天井の黒がアクセントに。スピーカー付のダウンライトで音楽も楽しめます。

  • 間仕切りには取り外しができる引戸を採用。家族構成に合わせてフレキシブルに対応。

平面図

事例 概要

所在地 東京都
事務所 東京東事業所

リフォーム事例一覧へ戻る

テーマ・条件から探す
エリアから探す
北海道東北関東甲信越東海近畿中国四国九州
坪数から探す
20坪以下20~30坪30~40坪40坪以上
築年数から探す
20年以下20~30年30~40年40~50年50年以上