中古住宅を購入してリフォームしたい

住友不動産販売との連携で物件探しからお手伝いします。

新築そっくりさんは、グループ会社の「住友不動産販売」と連携して、物件探しからリフォームまでトータルサポートします。 中古住宅を買ってリフォームしたいとお考えの方のいろいろなお悩みに細やかに対応することができますので、新しい住まい作りのパートナーとしてどんなことでもご相談ください。

住友不動産販売との連携で物件探しからお手伝いします。

思い通りのリフォームが
できるか不安

リフォーム後のイメージを
相談しながら、物件を探せます。
中古住宅を買ってリフォームする場合、お客さまは最初に物件を購入しなければなりません。 ところが販売会社と施工会社が全く別の場合は、ご購入の際にリフォームのことを詳しく相談できません。 住友不動産にお任せいただければ、グループ会社の住友不動産販売と連携し、リフォームを見据えた物件選びが可能。担当者が親身にアドバイスします。
リフォーム後のイメージを相談しながら、物件を探せます。

古い家で安心して
住めるか不安

床下や屋根もプロが調べる
「建物診断」があるから安心です。
中古住宅を購入するときに気になるのが安全性。「古い家だから強度に問題があるんじゃないか」と思うと安心して住めません。 しかし、新築そっくりさんでは、まず住まい全体を綿密に調査。専門的な診断を行い、強度を落とすことなくリフォームを実現するノウハウを備えていますのでご安心ください。
床下調査
床下調査
屋根調査
屋根調査
総合調査
総合調査
耐震診断
耐震診断

古い家でデザイン重視に
できるか不安

建物をスケルトン状態にして、
新築と変わらない施工が可能です。
「リビングを吹き抜けにする」「これまでとは違う場所に階段をつくる」「水廻りの配置を大きく変える」「玄関の数を増やす」など、家の構造自体に関わる工事は、リフォームでは対応できず、家を一棟丸ごと建て替えないといけないと思っていませんか?新築そっくりさんなら、古い物件の中で、残したい構造や設備を現代風に生まれ変わらせることはもちろん、家の構造に手を加え、間取りや内装を大きく変えることが可能です。しかも、中古住宅のリフォームとは思えないほど、美しく機能的で、その様はまるで新築住宅のようです
建物をスケルトン状態にして、新築と変わらない施工が可能です。
「中古住宅のリフォーム費用」
について
中古住宅リフォームの費用は、通常、家を一棟丸々建て替えるケースよりも相場は割安となっています。 家を全面的に建て替える場合、設計料や古い家の解体費用、内壁や外壁などの素材費用は一棟分の費用が丸々必要であり、さらに、屋外給排水工事費用や外構工事費用など屋外の工事費用、登記費用や確認申請費用など事務的な費用までかかり、およそ2,400万円程度(※国土交通省建築着工統計調査報告平成28年分に基づき算出)が必要です。一方の新築そっくりさんのリフォームでは、設計料や解体費用が減額され、屋外の工事費用や事務的な費用は不要になるため、必要な額はおよそ1000万円~1500万円程度。工事の内容や新しい設備の数によっては建て替えの半分程度の費用ですむ場合もあります。ちなみに、プランによっては300万円~の費用で中古リフォームが可能となっています。

※上記の費用はあくまで目安であり、施工エリア・条件などにより異なります。
「中古住宅のリフォーム費用」について

成功例のご紹介

築58年の中古住宅を購入して
明るく快適な住まいに再生!
K様が検討されていた物件は、日当たりが悪く、老朽化が深刻であったため、購入前に相談を受けました。 そこでプロの視点でK様の理想を叶えるプランをご提案。プラン内容を気に入っていただき、K様は購入に踏み切ることができました。
築58年の中古住宅を購入して明るく快適な住まいに再生!
隅々まで明るく設計。
  • 建物の南側を減築して採光を確保。 建物の南側を減築して採光を確保。
  • 2階ホールから光が降り注ぐFRPの透光天井で玄関を明るく。 2階ホールから光が降り注ぐFRPの透光天井で玄関を明るく。
  • 下屋部分にLDKを配し、トップライトを設け明るい空間に。 下屋部分にLDKを配し、トップライトを設け明るい空間に。
綿密な打ち合わせ。
工事中は現場でも打ち合わせを重ね、K様と完成時のイメージを共有。ご要望をしっかりとプランに反映しました。
綿密な打ち合わせ。